妊活

わたしの妊活① ~結婚してもすぐに妊娠しないんですね~

2016年1月、入籍。
入籍して間もなく原因不明の体調不良をおこしました。
体のどこかの糸が切れたような感覚で、動機、めまい、発熱の症状が出ました。

結婚をしたらすぐに妊娠すると思っていたので、妊娠を疑いましたが結局原因はわからず、1か月ほど休養してようやく回復。
このとき自分の中では妊娠だと確信していたこともあり相当ショックでした。

謎の体調不良がきっかけで妊娠に対して不安になり、近所の婦人科へ通い始めます。
病院へ行っていればいつか妊娠するだろうと、何となくそんな気持ちでした。
新しい仕事も見つかって、夫にも治療に協力してもらえるよう説得、新しい毎日がスタートしました。

が、治療を始めた矢先、生理がこなくなってしまいました。
生理がこないと話にならないので無理矢理生理をおこすことに。

生理がこなくなった原因は仕事なんじゃないか、と思い当たる節はたくさんありました。
私の中で今最優先することが「妊娠」なのに、仕事のストレスで生理がこないなんて無駄な時間を過ごしている場合じゃない!と働き始めて間もないのに仕事を辞めました。
ごめんなさい。

婦人科での治療は、タイミング指導とデュファストンの処方でした。

デュファストンを飲めば妊娠すると勝手に思い込んでいたので、副作用で頭痛と吐き気がひどく寝ていることが多かったにも関わらず耐え続けました。
今思えば先生に相談すればよかったのにと思いますが、そのときは先生の言うことは絶対だとそんなふうに思っていました。

通い始めて3回目のデュファストン処方で、夫に「デュファストンの副作用のこと先生に言ったら?」と言われてハッと目が覚めたような感覚がしました。
先生がよかれと思って処方している薬が合わないなんて、私の不妊はもっと違う理由があるんじゃないか…と。

不妊治療を専門にしている病院へ行きたい。
私の体を詳しく調べてもらいたい。



結婚してから10ヶ月後、34歳で不妊治療を始めることにしました。

カテゴリー

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP